2014年04月20日

人間は決して自然的に耄碌しない。 本多静六

人間は決して自然的に耄碌しない。人為的に耄碌するのだ。人間は耄碌するから働けないのではなく、働かないから耄碌するのだ。いよいよ倒れるまで働学併進を楽しむことが、最大最良の健康長寿法である。



私の生活流儀 (実業之日本社文庫)



posted by 浅草太郎 at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 本多静六 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水清ければ魚棲まず 本多静六

水清ければ魚棲まず、人あまりに孤高潔癖すぎると、他から敬して遠ざけられる結果となる。孤独は人間をかたくなにし、不活発にする。これではいよいよ人も年をとってしまう。 そこで私は、自ら老いを感ずるようになったら、いたずらに聖人や宗教家のごとく禁欲主義にとらわれることなく、再び還俗したつもりで、生活的にも、気分的にも若返るようにつとめなければならぬと思う。



私の生活流儀 (実業之日本社文庫)



posted by 浅草太郎 at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 本多静六 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。