2014年05月19日

僕は瞬間風速が吹いたことがないんです。 船越英一郎

僕は瞬間風速が吹いたことがないんです。スターって、ポーンと出てくる瞬間があるじゃないですか。その点、船越英二の息子がいつの間にか俳優になって、いつの間にか2時間ドラマの帝王と言われるようになった。緩やかな坂道をゆっくり歩んできた。これからも斜度が2度なのか5度なのか、緩やかな坂道をゆっくり歩むスタンスは変えません。ゆっくり行くことを恐れず、1つ1つの仕事を丁寧にやっていくしかないと思っています。

日刊スポーツ

船越英一郎・1960年7月21日生まれ、俳優



船越英一郎の京都案内








posted by 浅草太郎 at 22:44| 船越英一郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。