2014年05月30日

仲間のため、社会のために役立とうという気持ちは尊い  ラモス瑠偉

日本には「滅私奉公」という言葉がある。何だか不思議な感じがするが、この言葉を口にするだけで戦争賛美だとか、軍国主義の復活だとか大騒ぎする人がいる。(略)でも、単純に自分のワガママを捨てても、仲間のため、社会のために役立とうという気持ちは尊いと思う。

ラモス瑠偉・1957年2月9日生まれ、元プロサッカー選手、サッカー監督



ラモスの黙示録








posted by 浅草太郎 at 15:00| ラモス瑠偉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。