2014年05月30日

日本のサッカーはカテゴリーにとらわれ過ぎている  ラモス瑠偉

小学生、中学生、高校生、大学生、そしてプロとアマ。日本のサッカーはカテゴリーにとらわれ過ぎているが、ブラジルでは小学生と高校生が、人数にハンデをつけながら一緒にゲームをすることなど日常茶飯事だ。そういうゲームは頭を使って戦術を工夫することにつながるし、ミスを恐れない勇気にもつながる。頭で考えて、「自分のサッカー」をつくっていくことにもなるのだ。こういう柔軟な発想もまた、日本のサッカー界には求められている。

ラモス瑠偉・1957年2月9日生まれ、元プロサッカー選手、サッカー監督



ラモスの黙示録








posted by 浅草太郎 at 22:00| ラモス瑠偉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。