2014年04月20日

人間は老衰するから働けぬというよりも、働かぬから老衰することになるのである。 本多静六

私はいかに老人となっても、決して隠居はしない覚悟である。元来、人間以外の動物は、いくつになっても隠居などするものはない。みな死ぬまで働き通している。(略)働けるだけ働き、生きられるだけ生きなければウソである。人間は老衰するから働けぬというよりも、働かぬから老衰することになるのである。



私の生活流儀 (実業之日本社文庫)



posted by 浅草太郎 at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 本多静六 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。