2014年05月15日

家族は絶対に作りたい。父親にもなりたいんです。 岡田准一

自分の子供に『お父さんは20代のころ、とても格好良かったんだよ。輝いていたんだよ』と、言うような父親にはなりたくないんです。子供に向かって『お前がいるから、お父さんは今、幸せなんだ』と言える父親でいたい。昔でも未来でもなく、今が自分は一番幸せなんだと胸を張っていえる人間でいたい。自分がどうありたいかではなく、どう生きているのか。それでいいんだと。だから家族は絶対に作りたい。父親にもなりたいんです。

日刊スポーツ2005年4月24日号



オカダのはなし








posted by 浅草太郎 at 15:56| 岡田准一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内側に向き続けていた意識が、外側に広がった感じですね。 岡田准一

真っ白な人、真っ白な画用紙は、面白みがないなって思えてきた。決めつけないで、いろいろな色が画用紙に描かれている方が、人間としてはずっと興味深いぞと。心の底が真っ白なら、少しぐらい汚れていても、毒があっても、その方が味があるなって。内側に向き続けていた意識が、外側に広がった感じですね。

日刊スポーツ2005年4月24日号



オカダのはなし








posted by 浅草太郎 at 15:58| 岡田准一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。