2014年05月19日

自分が演じる役柄の振り幅が大きければ大きいほど、やりがいを感じるものです  船越英一郎

俳優は自分が演じる役柄の振り幅が大きければ大きいほど、やりがいを感じるものですので、そういう役柄を演じられること、そういう状況にあるということは幸せなことですね。

『ウルルの森の物語』船越英一郎&深田恭子 単独インタビュー - シネマトゥデイ

船越英一郎・1960年7月21日生まれ、俳優



船越英一郎の京都案内








posted by 浅草太郎 at 22:55| 船越英一郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

僕の夢は命尽きるその手前まで、俳優として生きること。 船越英一郎

僕の夢は命尽きるその手前まで、俳優として生きること。

船越英一郎さん(3/3) - インタビュー - ひと - [どらく]

船越英一郎・1960年7月21日生まれ、俳優



船越英一郎の京都案内








posted by 浅草太郎 at 23:10| 船越英一郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。