2014年05月20日

悪いことが起きても全てに感謝しなさい  船越英一郎

僕は、子供の頃から母親から軟膏(なんこう)を擦り込むように、「悪いことが起こっても感謝しなさい」と擦り込まれ続けて育てられたんです。楽しいことやうれしいことがあったら人間感謝するのはあたりまえ。でも苦しいことや悲しいこと、けがや病気も全てに感謝しなさいと教えられた。なぜなら、悪いことは自分がよくなるために起こること。悪いことを乗り越えたら、その前の自分よりももっとステキな自分になれる。だから悪いことが起きても全てに感謝しなさいと。それが僕の背骨になっています。

船越英一郎さん(3/3) - インタビュー - ひと - [どらく]

船越英一郎・1960年7月21日生まれ、俳優



船越英一郎の京都案内








posted by 浅草太郎 at 00:27| 船越英一郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ここまできたらオンリーワンになったほうがいいかもしれない。 船越英一郎

ここまできたらオンリーワンになったほうがいいかもしれない。とにかく頭の先からつま先までどっぷりと2時間ドラマに漬かり、「あしたのジョー」じゃないですが、真っ白になるところまでがんばってみようと。そんな決意をしたのが30代前半でした。

船越英一郎さん(2/3) - インタビュー - ひと - [どらく]

船越英一郎・1960年7月21日生まれ、俳優



船越英一郎の京都案内








posted by 浅草太郎 at 00:32| 船越英一郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。